カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

染色について

染料を繊維のなかに浸透させてその織物に色や模様などを染めつける技法を染色といいます。
ここでは生地の染め方とそれぞれの特徴について解説いたします。


先染めと後染め

先染めとは 糸の状態で染めてから布地を織る方法です。
後染めとは その反対で、織ってから布生地を染めます。
先染めした生地は、後染めしたものと比べると、綿が本来持っている柔らかさや吸水性・吸湿性を引き出すことが可能です。
このため、国内の代表的なタオルメーカーなども先染め生地を使用しているところが多く、敏感な肌にも優しい素材となっています。
染めてから織るため、複雑で派手な柄は難しくなりますが、素朴な温かい風合いも先染め生地の魅力の一つです。
さらに、糸の状 態で染色されていますので色落ちしにくいといった傾向もあります。


トップ染め

トップ染めとは 糸になる前の綿の状態で染める方法です。
糸になる前の状態での染色なので、混ぜ合わせて色に深みを出すことができます。
また、洗濯で色落ちしにくいのも特徴です。
肌触りは柔らかく仕上がりますので、肌に優しい染め方となっています。


無染色

無染色とは、綿の素材そのままの色を使い、一切染色していないものをいいます。
白い綿一色の生地もありますが、白い綿と茶色い綿を織り分けることで模様を表現している生地もあります。
染料を使用していないので、オーガニックコットンの中でも一番自然に近い生地と言えるでしょう。
また、ところどころコットンの一部の小さな茶色い欠片が生地に含まれる場合があるのも、ありのままの自然の生地の特徴です。


当店の素材について

当店の手芸キットでは、すべてオーガニックコットン100%の生地を使用しています。
デリケートな生まれたての赤ちゃんや、アトピーや敏感肌・乾燥肌が気になる方まで、安心してお使いいただけます。