カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 手作りに必要な裁縫道具

手作りに必要な裁縫道具

手作りキットを作成するにあたって必要な裁縫道具をご案内します。
様々な道具がありますので、作るものによって必要な道具を選びましょう。
あらかじめセットでそろえておくと、必要な道具が一式揃うので手軽に手芸を始められます。

測るための道具

方眼定規
布に型紙を移すときや、縫い代を付けるときに使います。幅広のものを使うと、平行線や水平線を正確に引くことができます。

メジャー
「巻き尺」とも言います。主に体のサイズを測るために必要な裁縫道具です。赤ちゃんの手首や首回りなどを測るのに便利です。

切るための道具

裁ちばさみ
布を切る時に使います。布以外のものを切ると刃が傷んで切れ味が悪くなるので、布専用のはさみを用意しましょう。

糸切りばさみ
縫いはじめや縫い終わりの糸端を始末するときに使います。また、縫い代の切り込みや細かい作業などにも適しています。

紙切りばさみ
型紙を切ったりするときに使います。一般の工作用はさみを使用します。

縫うための道具

縫い針
布を縫い合わせるときに使う針。短針や長針などがあり、布の厚さや種類によって使い分けましょう。

まち針
縫い合わせる布を仮止めする時に使う針です。

縫い糸
布を縫うための糸。縫い針の針穴に通して使います。生地によって様々な糸の種類があります。

指ぬき
手縫いの際、針を押すために中指につけて使います。特に厚手のものを縫う際や長時間の裁縫には便利です。

ピンクッション
縫い針やまち針を使いやすいように刺しておく針山のことです。

糸通し
縫い針に糸を通す際、小さくて通しにくい場合に使います。針金の部分を針穴に通してから糸を入れ、引き抜きます。

布にしるしをつける道具

チャコ・チャコペン
布に型紙を写したり、しるしをつけるときに使います。水性なので洗濯することでしるしが消えます。

へら
布にしるしをつける昔ながらの道具。ヘラを強く押し当てると跡が残り、これを目印に縫います。チャコペンが使えない布に。

そのほか便利な道具

紐通し、ゴム通し
紐やゴムを通すためのもの。穴の開いた部分に紐やゴムを通し、通し口から生地の中に入れ通します。

リッパー
縫い間違えたときなど、布地を傷めずに目ほどきが簡単にできます。

便利な手芸セット

ソーイングに必要な基本的な道具が14点そろったセットを販売しています。
気軽に手芸が始められるコンパクトなセットです。
この手芸セットがあれば、ほぼすべてのキットを作ることができます。